program-uchida-senio-800x515

内田かつのりによるシニアヨガ指導者養成講座

uchida-senior3-800x515
Quality of Life:生活・生命の質を向上させるためにヨガを

「まさか母が…」「やっぱり運動しておけば…」「あれほど言ったのに…」「こんな事になるのなら…」
ご自身や周りの誰かが病気になった時、ご当人やその身内の方は、このような嘆きの言葉に包まれます。要介護・要支援認定された方の原因1/5が運動器の機能低下にあると言ったら、皆さんはどう思われますか? 逆に言えば、運動器の機能を高めていけば、かなりの確率で、失いがちな健康を再び取り戻せるということです。

シニアヨガにおけるヨガ解剖学の役割として

1.身体への効果
2.心への効果
3.脳への効果
この3つを軸に設定しました。

後悔の一歩手前にあるものは「予防医学」です。そしてこの分野にこそ「ヨガ解剖学」を役立てることができます。

uchida-senior1-800x515

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった5秒の自宅トレーニングがシニアの生活・生命の質を向上!

本講座は、身体はもちろん、脳にも効く!心にも効く!
高齢者に多い病気、自律神経系疾患の予防をもターゲットにしています。
自宅でのトレーニングが可能。たった5秒で、健やかな身体を目指すことができます。
インストラクターに限らず、高齢者を抱える家族にも知って得する運動知識を学べます。
ストレッチは危険!高齢者は筋肉を硬くして命を守っている!正しい筋肉のほぐし方を学びます。
筋肥大は不要!高齢者の筋力アップ、モチベーションアップのための、モーターユニット*理論を学びます。
※モーターユニット(運動単位)とは、一本の運動神経が受け持つ筋繊維の数のことです。簡単に言うと、身体を動かす神経1本につきどれくらいの筋肉が関連づいているかということ。このユニットを増やすことでより効率よく動ける身体を作る事ができます。

uchida-senior5-800x515

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常生活の動作が短時間で驚くほど改善する”モーターユニット理論”を学ぶ

運動器の機能向上のために必要なこととして、筋トレ的な運動で筋肉の成長をさせることも大切ですが、この方法はシニアには適切でない場合があります。今ある筋肉を効率的に動かすことで、十分に身体を動かすことができ、身体を動かすことにより脳への活動に良い結果を招くことも大いに期待できます。

本講座では「シニアが望む生活に近づくこと」を可能にするため、”モーターユニットの動員”を利用した身体の動かし方を学びます。この方法ならシニアにとって、ADL(日常生活動作)の改善が驚くほど期待できます。結果、ヨガに対するモチベーションの向上にもつながります。

ヨガインストラクターの皆様が「ヨガ解剖学」の視点からシニアヨガを学び身につけることは、今後、社会貢献を担う有効なツールに成り得ます。正しく行う運動療法としての「シニアヨガ」は、決してどこかの誰かの為の話ではなく、皆様の周りの方の人生そのものを間違えなく鮮やかにし、幸せを運んでくれるはずです。

講座内容

  • モーターユニット(運動単位)について
  • モチベーションの上げ方
  • 関節可動域の測定法
  • 上肢・体幹部・下肢を主としたアーサナ
  • シニア特有の身体の状態 ケガや病気について
  • クラス進行の方法
  • シークエンスの組み方
  • 陥りやすい罠・間違えやすいリードの改善法
  • 見極めにくいアライメントの見抜き方
  • 運動器(筋肉・骨・靭帯)の役割について

講座情報

日程
2019年2月22日(金)~24日(日)
場所
ヨガアカデミー大阪 第1スタジオ
時間
10:00~18:00
参加費
¥99,360-
定員
26名
参加対象
ヨガ解剖学に興味のある方、またはヨガを日常的にされている方 看護職・介護職の方 シニア向けヨガに興味がある方 予防医療としてのヨガに興味がある方
持ち物・準備物
筆記用具 動きやすいウェア タオル ヨガマット(レンタルマットあり¥300)
注意事項
・当日受付時に、クラス参加にあたって同意書へのご記入をお願いいたします。 ・レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。 ・多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。  各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。 ・会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。 ・録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。 ・妊娠中の方のご参加も可能ですが、主治医にご相談の上、ご自身の判断の下でおこなってください。

講師紹介

Katsunori Uchida
内田かつのり
ヨガインストラクターであり、鍼灸師。漢方や整体術を実践し、“薬だけでは治らない病気も沢山ある”という現実を身を持って体験した事をきっかけに、アメリカの栄養学である分子矯正医学という栄養療法を深めながら、ファスティング、酵素栄養学、ゲルソン療法(コーヒーエネマ)、漢方や整体術などを実践。
更に、本当の健康とは何かを探している中で、ヨガに出会い、運動療法、精神療法というような代替医療としてヨガの可能性に魅せられて以来、ヨガそのものが暮らしの中に在るようになる。上海中医薬大学にて、推拿学・解剖学を学び、現在は、トリガーポイント療法という筋肉に重点を置いた鍼と、灸頭針という背中のこわばりは体内毒素の現れであるというスタイルの針、2つを軸にして治療を行っている。アヌサラヨガのマスターイマージョン、アヌサラ・インテンシヴコースⅠ・Ⅱ修了、UTLでのAMC/AMIC修了。

現在、都内ヨガスタジオにて、解剖学短期集中講座やティーチャートレーニングに携わり、インストラクター養成にも力を注いでいる。

座右の銘:陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる

【ヨガ解剖学アカデミー】 http://www.anatomy.jp/
【内田かつのりブログ:ヨガと鍼】 http://ameblo.jp/yogahari
【内田鍼灸院/Yoga Anatomy Lob.】http://www.yogahari.com/
FACIAL YOGA 高津文美子式 顔ヨガ|フェイシャルヨガ 指導者養成講座
中井まゆみ考案「筋調整ヨガ」指導者養成講座、開催決定!!