全米ヨガアライアンス(RYT200)認定
ヨガインストラクター養成講座!〈平日開催〉

【開催日程】
2018年11月12日(月)~2019年04月16日(火)
9:30-18:00
会場:ヨガアカデミー大阪
【受講料】410,400円(税込)

生徒が戦士のポーズをとるところを中島先生がアジャスト

ヨガの本質を体験する重要性

ここ10年程でヨガのあり方は大きく変わりました。元々、ヨガは女性のための美容・ダイエット法としてブームとなりましたが、今、ヨガは精神的な安定やリラックス効果をに注目があたる時代になりました。ヨガの本質が求められる時代になったと言えます。

「体験していないことは伝えられない」と本講座では考えています。例えば、行ったことのない場所の、いくらかかるなどの情報は人に伝えられても、その場所の雰囲気を伝えることはできません。それはその場所を体を通じて体験していないからです。

ヨガも同様に本質の部分は体験しないと伝えられないのです。ヨガを好む方が、「ヨガはエクササイズではない」ということに気づいている以上、ヨガ指導者も深い本質の部分までを伝えられるヨガ指導者が求められています。本講座では、一流の講師陣からヨガを学んだ上で、ヨガの本質を体験し、伝えられるヨガ指導者の育成を目指しています。

生徒さんが真剣にノートをとっている姿

実力・定評のある専門講師

ヨガ・瞑想の実践家であり、既に同トレーニングを30回以上開催し、ヨガを指導した生徒の数は3万人以上という指導経験も豊富な中島正明がメイン講師を務めるほか、各専門分野にもヨガ業界のプロフェッショナルが集結しています。

  • メイン講師:中島正明
  • アーユルヴェーダ:福田真理
  • マタニティ・産後ヨガ:高尾美穂
  • 解剖学:野見山文宏
  • ヨガビジネス:酒造博明

メイン講師である中島正明が本講座で一番大切にしていることは「参加者が安心してヨガができる場所を作ること」です。その環境で学ぶことで、参加者は学びの内容を理解しやすくなり、かつ、「自分がどんなヨガが好きなのか」「どんなヨガを伝えていきたいのか」という自分が内側に持つ想いにも気づきやすくなります。

酒造が微笑む姿

卒業後に必要な「伝える力」が身につく

ヨガを指導する立場になる時に、必要なのはヨガ自体の知識だけでしょうか?実はそれだけでは不十分。ヨガを指導する際は、自分が学んできたものを「伝える力」も必要になります。

ヨガ指導者養成講座を卒業した後、もっとも多くの方が困るのが「どうすればクラスを持てるのかわからない」「どうやって集客したら良いのかわからない」というところです。ヨガティーチャーが「ヨガを指導できる」のは当たり前であり、養成講座を卒業してすぐは「当たり前がやっと身についた」状態です。 そこから一歩抜きん出るために必要なのが、自分が学んできたものを””伝える力””であり、それを学べるのが本講座のプログラムの1つでもある 「ヨガビジネス講座」です。

講座内容

<ヨーガとアーサナ>
・ アーサナの定義と意義を理解する:ヨーガ・スートラを参考に
・ アーサナ手法の基本原則:人生を切り開くアーサナのコツを掴む
・ 基本的動作の法則:基本をマスターすることであらゆる応用を可能にする
・ 基礎アーサナの詳細解析とその実践
・ 基礎アーサナのティーチング実践
・ 効果的に柔軟性を高める技術
・ インターミディエイト/アドバンストアーサナの詳細解析とその実践
・ 各アーサナのアシスト・アジャストメントの理論と実践
・ ヴィンヤサの実践と組み立て方
・ 怪我の予防

<自己探求とヨーガ>
・ 成長のサイクル
・ 気づきの理解
・ 傾聴体験とその深化
・ 自己解放のメカニズムの理解とその実践

<調気法/呼吸法>
・ 呼吸の解剖学
・ 調気法/呼吸法の詳細解析とその実践
・ 調気法/呼吸法のティーチング実践
・ エネルギー体の理解(チャクラ、ナーディ、コーシャ、ヴァーユ等)?

<メディテーション(瞑想法)>
・ 瞑想の全体像
・ 瞑想から紐解く人生の意義
・ 各瞑想法の理解と実践
・ 基本瞑想法のティーチング実践

<その他の技術>
・ マントラチャンティングの実践
・ バンダの理解と実践
・ クリヤ(浄化法)全体像の理解と部分的実践
・ リラクセーションプロセスの理解と手法の実践
・ リラクセーション手法のティーチング実践

<指導技術方法論>
・ デモンストレーションについて
・ 観察する目を養う
・ インストラクションの技術
・ 声とスピーキングスキル
・ 自分のティーチングスタイルを探す
・ 先生の要素について
・ 生徒の成長サイクルの理解
・ 生徒との接し方~コミュニケーション
・ 生徒の体験を深める技術とその練習
・ クラスデザインの各手法の理解と実習
・ ティーチャーとしてのホームプラクティスを確立させるために
・ ティーチャーとしての継続学習と前進など
・ 仕事としてヨーガを教えるにあたって知っておきたいこと

<解剖学・運動生理学>
・ 身体のつくり:ヨーガの観点から必要な解剖学と生理学の理解

<哲学・生活指針・倫理規定>
・ そもそもヨーガとは何かを掴む
・ ヨーガ哲学の全体像(サンキャ、ヨーガ、ヴェーダンタ、タントラ)
・ 仏教とヨーガの関係性:それぞれが目指すもの
・ ヨーガが効く理由
・ ヨーガスートラ解説
・ 自分が伝えたいヨガを探る
・ ヨーガを生きることを探る
・ アーユルヴェーダ(セルフ・ドーシャチェック、アーユルヴェーダの視点からの食生活とライフスタイル、およびヨーガの実践)
・ 時間や季節に合ったヨーガの実践手法
・ ヨーガ・ティーチャーのための倫理

<実習>
・ 45分、60分、90分、模擬クラス実施、生徒各人および講師からのフィードバックとそれに基づく自己探求と理解。

<9:30~11:00:Morning Practice:午前中のプラクティス>
・ 前回からの質問、課題提出とディスカッション
・ アーサナ、調気法、メディテーションなどのヨーガ実践

<11:15~13:30 Deepening Yoga/ヨーガを深める>
(例)マントラについて概要説明/チャンティング実践

<13:30~14:30 ランチ>

<14:40~15:45 レクチャー>
(例)ヨーガを教えるにあたって/スタジオ採用担当者目線の話

<16:00~18:30 Teaching Skill/指導技術>
(例)アーサナの実践と指導
(例)リラクセーションの実践と指導

<18:30~19:00 Closing/まとめ>
(例)一日のまとめ、瞑想の実践

※内容は日によって変わります。

講座情報

日程
<大阪|平日開催>大阪5期 【2018年】 11月12日(月)&13日(火)、26日(月)&27日(火) 12月10日(月)&11日(火) 【2019年】 1月14日(月)&15日(火)、28日(月)&29日(火) 2月4日(月)&5日(火)、25日(月)&26日(火) 3月11日(月)&12日(火)、25日(月)&26日(火) 4月1日(月)&2日(火)、4月15日(月)&16日(火) ※計22日(月曜日と火曜日に開催) ※日程、開催地は変更になる可能性があります。
場所
ヨガアカデミー大阪 第1スタジオ
時間
<時間> 9:30~18:00(途中お昼休憩の実質1日7.5時間) ※最終日のみ終了時間が異なります。卒業パーティを開催予定。 ※時間は変更になる可能性があります。
参加費
¥410,400-
定員
26名
参加対象
・ヨガに出会い、継続的に練習をされている方。(1~2年以上が望ましい) ・これからヨガティーチャーを目指される方、ヨガをティーチャーを職業にしていきたい方。 ・すでに資格は取得しているが、さらに現場で使える具体的なティーチングスキルを学びたい方。 ・自分でヨガクラスを主催しようという意欲のある方。 ・将来ヨガスタジオを開設したい夢がある方。
持ち物・準備物
ヨガウェア、ヨガマット、(レンタルご希望の方は300円※要予約)汗ふきタオル、筆記用具、 その他、ヨガブロックやベルト、カメラ、お水等、必要と思われる物は、ご自由にご持参下さい。
注意事項
欠席をされた場合、修了証の発行はできません。 また振り替えの制度はございませんので、 無理のないスケジュールでのご参加をお願い致します。 ※全日程修了者には修了書が授与され、RYT200の認定資格が得られます。 ※RYT200は国際的なインストラクター認定を行っている、ほぼ唯一の世界規模のヨガ協会から出される認定資格です。  (認定登録には別途手続きが必要となります。)

講師紹介

Nakajima Masaaki
中島正明
通訳/翻訳家として文化の架け橋になるべく活動を行いながら、世の中のゆがみに気付き始め、NGO活動を始める。
テーマは地球温暖化の防止。いわゆるスローライフを地で送っているツバルやサモアなど南太平洋の島々、貧困と富のギャップが大きい南アフリカ、お金やものはなくとも子供たちの笑顔がとってもキラキラしていたフィリピンやタイ、インドネシアなど、30カ国以上を歴訪。その現状を日本国内に伝えたり、国連温暖化会議などの国際会議で活動する。
そうして活動をする傍ら、ナチュラルなライフスタイルを模索して、ヨガに出逢う。
個人的な生きる指針としてのヨガの奥深さに引かれ、自己探求を深めるうち、NGO活動を通して目指していた平和につながる個人のあり方や自然とつながる感覚を醸成するヨガの可能性に気付く。これが現在社会の抱える様々な問題の解決に貢献すると考え、ヨガを通した社会貢献をライフワークとすることを決意。
様々なヨガスタイルを自由に取り入れ、生きていることの豊かさやいのちのつながりを気持ちよく感じられるようなヨガを提供することを模索している。

米国ヨガ研究所認定「チベット・ハート・ヨガ」ティーチャー
米国クリパルセンター/全米ヨガアライアンス公認クリパルヨガ・ティーチャー。
公認シバナンダヨガ・ティーチャー。
カリフォルニア州ロイオラ・メアリーマウント大学認定グリーンヨガ指導者
自然体験活動推進協議会認定自然体験活動リーダー、オーガニックコンシェルジェ、通訳翻訳家。
中井まゆみ考案「筋調整ヨガ」指導者養成講座、開催決定!!
ヨガインストラクターのための実践ヨガビジネス講座