筋調整TOP

筋肉を調整して、柔軟性を高める「筋調整ヨガ」の魅力

ヨガインストラクターのみなさん、身体が“超硬い”生徒さん、慢性的な肩こりや腰痛などの症状をお持ちの生徒さん、高齢者の生徒さんがクラスに参加されたとき、どのように指導していますか?
安全を優先して、声かけやアジャストをするのに躊躇していませんか?
または、「無理をしないでください」と声をかけていても、痛みを我慢させていませんか?

「筋調整ヨガ」の講座では、どんな方にも、安全で効果をすぐに体感していただける指導法をお伝えします。

「筋調整ヨガ」とは

筋調整3
「筋調整ヨガ」とは、
〝筋肉の特性を理解し、全身の筋肉を調整する事でカラダの癖や歪みを治し、
今までやりにくかったポーズを劇的に取りやすくする事で、ヨガの効果をより体感しやすくなる〟
という画期的なヨガメソッドのことです。
ヨガをベースにアイソメトリック、PNFストレッチ、操体法の理論を融合させることにより、安全かつ効果を即体感できるのです。

筋肉をどうやって調整するのか

筋調整1
例えば、座位の前屈、パスチモッターナアーサナをするとき、「背骨を伸ばしたまま、股関節から前屈」と学んだかたも多いと思います。
この講座では、背中を丸めて、お腹に力を入れてキープするなど、2,3ポーズ異なる部位に意識を向けたポーズをしたあとに、また同じようにパスチモッターナアーサナをしていただきます。すると、インストラクターのみなさんも驚きの声をあげるほど、柔軟性が高まっているのです。

この講座では、まず、筋肉の特性を理解し、苦手だったポーズの原因を追究します。そして、どこの筋肉をどのように調整するかをわかるようになれば、身体の癖や歪みを治し、柔軟性の可動域を広げることができるのです。
また、安全にインナーマッスルを鍛えることもできます。

なぜ、学ぶべきか

筋調整2
身体が硬い生徒さんに、今までは、ヨガを毎日続けると、柔軟性が少しずつ高まってくるとお伝えしていたかもしれません。もちろん、毎日続けることは大切です。
ですが、クラスに参加される生徒さんは、ヨガをする時間は週1回だったり、月1回だったり様々です。
参加していただいた生徒さんに、痛みを感じたり、無理をすることなく、クラス中に、今までより柔軟性が高まったり、苦手だったポーズができるようになることを体感していただきたいと思いませんか?
「筋調整ヨガ」を学ぶことにより、全ての生徒さんに、自信を持って、安全に指導することができるようになります。

考案者 中井まゆみ先生とは

中井先生は、以前、一般向けのクラスで指導を続ける中で、「頑張らなくてもいいですよ」と言いつつ、頑張らせるしかない自分に気づきました。ですが、それ以外の指導方法を知らなかったことにより、今までの指導法ではどうしても限界があると、もう一度ヨガを見直すことにした結果、「筋調整ヨガ」が生まれました。

中井先生は、いつも淡々とお話をされながら、時折、笑わせてくれたりする、とても素敵な先生です。
一つ一つ丁寧にわかりやすく指導いただけるので、まだ習っていないポーズの筋肉の調整の仕方を教えて欲しい、中井先生に会いたいと、リピーターも増え、インストラクター仲間からの口コミも広がり、毎回、キャンセル待ちになる人気の先生、人気の講座です。

ヨガインストラクターの方、これからインストラクターを目指す方、高齢者への運動指導を行っている方から、ヨガを日常的に練習されていて、ヨガが好きな方まで、ぜひ、一度ご参加してみて、ご自身で体感してみてください。
今後のご指導に、自分自身のプラクティスに、役立ちます。

筋調整バナー

お早めにお申込ください!!

中井まゆみ考案「筋調整ヨガ」
ヨガ指導者のための集中講座

東京・大阪にて開催中!

講座の詳細はコチラ

ベータヨガトレーニング 男性のためのメンズヨガイベント
YOGA体験会