名称未設定-1

アナトミック骨盤ヨガ®指導者養成講座レポート

こんにちは。ヨガアカデミー大阪スタッフのyuriです。
昨年ヨガジェネレーション主催RYT200大阪1期を卒業し、
「今後自分のやりたいスタイルはこれだ!!」と決意して挑んだ講座があります。

それは【アナトミック骨盤ヨガ®指導者養成講座】です。

「しんどいけど、効く!」そんなアナトミック骨盤ヨガ®(以下、アナ骨®)の指導者養成講座ではなにが学べるのか?そんなことを少しご紹介したいと思います。

 

効果効能を自信を持って説明できるようになる

名称未設定-3

アナ骨®というと、「しんどい、筋トレみたいなヨガ」をイメージしている人が沢山いらっしゃるかもしれませんね。確かに内田先生も「ヨガは筋トレだよ〜」と公言しています(^^;

しかし「しんどい」には理由があり、その先には頑張ったからこその最高のご褒美が待っているのです!

アナ骨のメソッドは、解剖学をベースに医療的側面を多く取り込むことで、身体と心の不調改善を目指すヨガです。しんどい分、ヨガ本来の効果効能を「より早く」「より確実に」引き出すことが可能なんです。

アナ骨ティーチャーになるということは、必然的に解剖学的知識が必要になります。
そこには努力も必要不可欠ですが、アナ骨を深めれば深めるほどに解剖学的知識がどんどん身につきます。

「何故しんどいのか?」
「どんな効果効能があるのか?」

ベースには解剖学的根拠があるから、みなさんも、みなさんの大切な生徒さんに自信を持ってお伝えすることが出来るようになると思います。

 

生徒さん一人一人に合った声かけが出来るようになる

名称未設定-2

「どれだけ生徒さんの120%を引き出せるか」

講座の冒頭で内田先生がお話しした言葉です。
アナ骨®は一見難しいポーズをしないといけないのかと思われがちですが、実はそうではありません。

ポーズの完成形を求めるのではなく、目の前にいる生徒さん一人一人の限界値(120%の力)を引き出すことが出来て、始めてアナ骨®としてのクラスが成り立つのです。

「そこをすっ飛ばしてクラスを行えばただしんどいだけで終わってしまい、生徒さんは減って行き、最悪の場合は怪我をさせてしまうかもしれないんだよ。」

こんな事を聞いて心臓バクバクでした(・・;)

でも本当にそうなんです。頭で理解し、知識をつけるだけではまだ足りない。

見る力
伝える力
それも絶妙なタイミングで!笑

そこが本当に難しい所ではありますが、醍醐味でもあります。

内田先生はアナ骨養成講座の4日間でその力を付けるためのヒントを沢山教えてくれました!
みなさんも講座を受ける際は、ポロポロ溢れる「ヒント」を沢山持って帰って下さいね。

 

先走らず、まずは土台が大事

「解剖学の答えは一つだよ〜」
と、内田先生がよくおっしゃっていますが、解剖学を捉えればこれまで何となくグレーだった所が明確になり、ふわっとしていた答えに説得力が生まれます。

「アーサナも人生もためが大事でしょ〜」の言葉が一番心に残っています。

みなさんも、ちょっとやそっとじゃ崩れない土台作りをしてみませんか?

指導歴は関係なく、「より良いクラスを生徒さんにお伝えしたい!」と熱い想いがある方は是非受講してみて下さいね(^^)

【ティーチャートレーニング|指導者養成講座】
utida -top3
■『アナトミック骨盤ヨガ®メソッド』の指導者になる!4日間の指導者養成講座 東京、大阪で開催!
指導者養成講座の詳細はコチラをご覧下さい。
運動不足の現代人に!『アナトミック骨盤ヨガ®』が様々な不調に効く!【オススメ記事】
運動不足の現代人に!『アナトミック骨盤ヨガ®』が様々な不調に効く!

現代人が悩まされる様々な”不定愁訴” 原因の多くは運動不足かも?アナトミック骨盤ヨガ®に込めた考案者内田かつのり先生の想いとは?
⇒記事はコチラから
ジュディ ヨガセラピーWS
キャシー ヨガライフアドバイザー養成講座